英検1級kaoの英会話学習法(TOEIC/英検/留学)

英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。 英検1級、TOEIC955点を8ヶ月で獲得した管理人が、英語の勉強法、単語の覚え方、お薦め教材などを紹介しています。 ※フォント適正サイズ:中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ヶ崎方式 月刊英語教本

出版社星雲社 茅ヶ崎出版
著者
定価本:¥800 カセットorCD:¥1,600
効果◎リスニング ○時事英語 ▲リーディング
△スピーキング △語彙力 
難易度中級以上 (TOEICリスニング250以上)
評価★★★★☆
お気に入りに保存しておく
時事ニュースの月刊教材。The NEWS HOUR リスニングとは違い、教材として作られたものなので、リスニングが苦手な人にもオススメ。また月刊なので比較的新しい時事英語を勉強できるのもいい点だ。
ただ、ニュースや新聞を普段利用する上級者には少し退屈に感じるかもしれない。また月刊の割に少し値段が高いのもマイナス。
スポンサーサイト

The NEWS HOUR リスニング

出版社語研
著者生月 亘
定価¥2,200
効果◎リスニング ▲リーディング ▲スピーキング
△語彙力 △時事英語
難易度やや上級以上 (TOEICリスニング350以上)
評価★★★☆☆
お気に入りに保存しておく
NHKBSで放送されている、The NEWS HOURを収録した本。CD付き。かなりのリスニング力強化になります。生のニュースをそのまま収録してあるので、教材以上にリスニング力がつくし、ニュースを見るための訓練になります。
ニュースの内容も面白く、知識もつくのもいい点。しかしある程度知識がないと分からないニュースもあるので初心者にはきついと思う。またニュースに興味が無い人には退屈かもしれない。

はじめて聞くニュース英語

出版社 アルク
著者
定価¥1,500
効果◎リスニング ▲リーディング △スピーキング
△語彙力 △時事英語
難易度入門~中級 (TOEICリスニング300まで)
評価★★★★☆
お気に入りに保存しておく
リスニング入門用に適している教材。通常の3分の2のスピード(実際は2分の1ぐらい?)で収録されているので、初心者も安心。また語彙も1500語レベルと初心者向き。単語解説も丁寧だし、背景知識の説明もあるので時事ネタに疎くても大丈夫。この内容でこの値段は安い。

多少内容が少ない点などから4つ星評価です。

マジックリスニングの体験談 英語耳の効果

マジックリスニングというのは人気番組「発掘あるある大事典」と「特命リサーチ200X」で紹介されたメソッドを導入した教材で、フジテレビの「FNN スーパーニュース」、MBSテレビの「ちちんぷいぷい」でもその効果が紹介されています。(これらの番組の収録内容は公式サイトから)

出版社 アリスコーポレーション
定価 ¥49,800
難易度 全レベル
評価 ★★★☆☆
お気に入りに保存しておく

この教材のココはいい! と思ったところ
  • 耳が刺激されてるのがよく実感できる。
  • 苦労することがない。
  • 理論がしっかりしている。
  • 無料体験版が利用できる。

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 自分のリスニング力がもともと高いレベルにあったため、効果が本当にあるのかは確認できなかった。
  • 苦労しないのはいいのだが、ちょっと暇?
  • 高い?

    こんな人にオススメ
  • 短期間でリスニング力を向上させたい人。
  • 時間をかけずに力をつけたい人。

    教材の解説
    この教材は特殊加工されたクラシックや実際の英会話を聞くことにより、英語を聞き取れることができる耳を短期間で作り上げるというものです。

    こちらを見ていただくと分かりますが、日本語と英語では音声の周波数帯が異なります。日本語のほうが使われる周波数帯がとても狭くなっています。しかし英語には高い周波数帯の音がかなり含まれています。そのため日本語の周波数帯に慣れている日本人にはこの英語の高い周波数帯を聞き取る能力がなく、英語を聞き取れないのです。

    知っている単語なのに全然英語を聞き取れないというのはこれが原因です。普通は教材などを使って、英語を聞きまくることにより、この周波数帯を聞き取れるように訓練をします。これにはかなり時間がかかり、短くても3ヶ月はかかるといわれています。長い人は1年以上かかるでしょう。

    そこを特殊加工されたクラシックを聞くことにより、一気に高い周波数帯を聞き取る能力をつけてしまおうという発想から生まれたのがこのマジックリスニングです。クラシックは高い周波数帯が含まれているため、英語のリスニングに効果があるのではという説はありますが、このマジックリスニングはそのクラシックを高い周波数帯を強調するという特殊加工をしてさらに効果を上げようというのです。

    英語を聞けるようになる耳を作るという作業を山登りに例えると、普通の人は歩いてゆっくりと登っていくのに対して、車を使って一気に上っちゃおうというような発想ですね。まさに魔法(マジック)です。

    そんな魔法のような教材があるんだったら、ぜひほしい!となるところですが、本体価格が49,800円もしますし、本当に効果があるかどうかどうか疑わしくなるのが自然ですし、発売元のアリスコーポレーションもすぐに効果がでない人もいる(通常は12日以内に効果あり)と述べていますし、値段がちょっと高いですよね。

    ただし、理論自体はしっかりしてますし、

  • 通産省関連機関の技術開発助成金対象案件
  • 芙蓉グループのベンチャー育成基金対象事業
  • 第12回国際応用言語学会世界大会で発表
  • 特許取得済(日本)
  • アントレの誌上プレゼンで最高レベルの5ッ星を獲得
  • リクルート社のビジネスコンテストでハイテク部門賞を受賞
  • 楽天市場2000年ベストヒットアイテム賞第1位受賞
  • 楽天市場2001年ショップ・オブ・ザ・イヤー部門賞受賞

    などと輝かしい実績があります。また静岡産業大学、国際情報学部の山田 登教授をはじめ、いくつかの実験が行われており、一般的に効果があることは証明されています。(さらに詳しい実験結果は公式サイトから

    マジックリスニング
    教材は57分のCD一枚、専用ヘッドフォン、付録の英会話CDとテキスト、体験用CDの構成になっています。体験用CDを聞いてあまり役に立ちそうにないなと思ったら返品できる仕組みです。

    やり方としては57分のCDを専用ヘッドフォンで毎日聞くというものです。これを12日間続ければ英語耳の完成です。

    まぁ教材の内容としてはこんな感じです。たまたま親族がマジックリスニングを買ったので、どんなもんやろ?と思ってちょっとお借りして使ってみました。感想としては面白い教材ですね。かなーり、耳が刺激されます。

    早速、CDをCDプレイヤーにセット。そしてヘッドフォンをつける。うわさどおり、かなり高音が聞こえてくるヘッドフォンである。早速クラシックが流れてきた。

    最初は普通に流れているが、そのうち低音と中音がカットされたり、左の音がカットされたり、右がカットされたり、左右が交互に流れたりとかなり耳に刺激を与えられているなというのがよくわかる。

    ちょっと刺激的だけどリラックス効果があって、普通にBGMとして聞いてもいいじゃんと思っていたら、英語の音声が流れてきた。

    最初に"頑張りましょう"のメッセージ、次に内容の説明と続く。

    その後、まるでTOEICのパート3のように2人の対話の場面が次々と流れてくる。

    内容としては海外旅行で役立ちそうな場面をいろいろと紹介している。空港での会話やホテルでのチェックイン、チェックアウトなどだ。難易度はそんなに高くはないが、教材としてはけっこう早口なので、初心者にはかなり難しく感じると思う。

    もちろんその間も刺激を与えるために加工されたクラシックがBGMとして流れている。

    しばらくすると水の流れる音が聞こえてきた。
    とてもリラックスできる。休憩時間ということなのか、何かまた耳に刺激を与える目的なのかは分からない。

    するとまた英語の音声が。このように英会話→水のリラックス音の組み合わせがあと2回、合計3回あって終わり。もちろんクラシックはずっと流れている。

    総合評価
    とてーも耳が刺激されたのはよーく分かった。気のせいかもしれないが、コンピューターのファンの音とか電灯の"ジー"という音がよく聞こえる。

    ヘッドフォンはとてもかけ心地がよかった。1時間もつけっぱなしだが、全然疲れない。私は人より頭が大きく(笑)、ヘッドフォンはきついと感じることが多いのだが、このヘッドフォンはそんなことはなかった。

    何日か使ってみたが、確かに高音部に対する聞き取り能力は覚醒されている感じがした。ただし、私の場合はすでに英語をある程度聞き取れるレベル(CNNやBBCは知っている分野なら特に問題がないぐらいのレベル)にあったので、英語のリスニングという点では効果はわかりません。まだ英語を聞き取る耳が出来上がってない人にはかなり効果が見込めるかもしれませんが。

    欠点としてはちょっと退屈になる可能性があるところ。最初の数日はかなり新鮮な刺激があるので、退屈はしませんが、慣れてくると暇になる人もいるかもしれないなぁとは思いました。

    あとは価格との相談ではないでしょうか。正統派の教材のスピードラーニングと比べて、ギャンブル性の高い教材ですが、理論はしっかりとしていますし、高音に対する聞き取り能力が向上するという効果は私も体験しました。リスニングを向上させたい人には多少ギャンブルではありますが、財政的に余裕があるのなら試す価値はあるかもしれません。

    総合評価としては私のリスニング力がすでにそれなりのレベルにあったせいもあるのでしょうが、激的な効果はありませんでしたので、プラスマイナス0の3つ星です。

    あんまり関係ないですが、このヘッドフォンはいいですね。ヘッドフォンだけのためにマジックリスニングを買う人がいるのも納得です。
  • バイオリスニング体験談

    バイオリスニング ヒアリングマラソンスピードラーニングと同様に有名なオンラインで売られている英語教材です。

    "12日で英語が分かるようになる"というのがコンセプトです。これってマジックリスニングとそっくりですよね。確かに似ている部分が多いと思いますが、私はバイオリスニング のほうが優れていると思います。

    ちなみに10日以内なら返品可能 ですから、使って気に入らなかったら返品してしまえばOKです。ちょっとでも興味がある方はまず試してみてはいかがでしょうか

    出版社 英語伝
    定価 ¥49,800
    対象 リスニングが苦手な人
    評価 ★★★★☆
    お気に入りに保存しておく

    この教材のココはいい! と思ったところ
  • リスニング初期段階でつまずかずに済む。
  • 海外ドラマだろうが映画だろうが、教材だろうが英語音声ならどれでも勉強できる。
  • 英語音声ならなんでもOKなので教材が尽きることはない。
  • 10日間の無料お試しができる。

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 映画の爆発音がうるさい?
  • 頼りすぎると危険かも?
  • 値段が高い?

    こんな人にオススメ
  • リスニングが苦手な人。
  • 海外ドラマや映画で勉強したい人。

    教材の解説
    バイオリスニング は英語教材というよりリスニングの補助器具みたいなもので、これを通して英語を聞くとバイオリスニング が日本人が苦手な音を修正してくれるというものです。

    私が思うにこれは自転車の補助輪のようなものではないかと思います。子供が自転車の練習をするときにいきなり補助輪なしの自転車には乗せませんよね。まずは補助輪つきの自転車に乗せ、しばらくそれで練習します。

    補助輪のようにバイオリスニング で聞き取りやすい状態にした音声を聞き、まず英語のリズムや発音などに慣れるのには最適な教材ではないかと思います。

    ただし、補助輪のようにいつまでもこれに頼ってるのはそれはそれで危険だと思います。補助輪つきで練習するのが重要だとは言ってもいつかは外さないと独り立ちできませんよね。ネイティヴスピーカーと英会話するときは彼らはバイオリスニング を通してしゃべってくれるわけではありませんからね(笑)。

    日本語と英語の音声の差に注目して点と12日間で完成という謳い文句はマジックリスニングとそっくりですが、マジックリスニングが指定のCDを聞くだけなのに対して、 バイオリスニング では何を聞くかはあなたの自由です。

    ですからはっきり言って苦痛はまったくありません。海外ドラマだろうと、映画だろうと、英語教材だろうと、英会話学校の教材だろうと英語なら何でもかまいません。"12日間で完成"という謳い文句ですが、何年でも使える教材ですね。英語の音声ならなんでも使えるんですから。

    総合評価
    総括しますと初心者でリスニングが苦手な方にはオススメできる教材です。世の中にはいろんなリスニング教材が出ていますが、はっきり言ってリスニング経験ゼロの人には難易度が高すぎるものばかりです。まずはバイオリスニング で補助輪つき学習をすれば初心者のリスニング練習がスムーズに進むのではないでしょうか。ただし頼りすぎには注意です。

    欠点としては高いことと、映画の爆発シーンなども加工されてしまいちょっとうるさいことですね。爆発シーンも加工されてしまうのははまぁ技術的にしょうがないのでしょうが、価格がやはり高めなので1点割り引いて総合評価は★★★★☆です。

    10日以内なら返品 できますから、ちょっとでも興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。気に入らなかったら返品してしまえばOKです。

    同じコンセプトのマジックリスニングよりは"すべての英語教材に使える点"でこちらをオススメします。

  • NHKラジオ 英会話 英語

    NHKラジオ講座は英語学習者ならずとも知っている超有名教材です。とにかく安いのが魅力です。

    今は使っていませんが、私も昔使っていました。ラジオ講座ではありますが、音質や何回も聞くことを考えるとCDを買ってCDを使って学習することをオススメします。

    ヒアリングマラソンやNOVAのテキストには劣りますが、値段が安い魅力もあり、なかなかオススメできる教材です。

    nhk_radio.jpg
    出版社NHK出版
    定価¥330/月(新基礎英語1
    ¥1,580/月(新基礎英語1(CD)
    ¥330/月(新基礎英語2
    ¥1,580/月(新基礎英語2(CD)
    ¥330/月(新基礎英語3
    ¥1,580/月(新基礎英語3(CD)
    ¥350/月(リスニング入門
    ¥1,580/月(リスニング入門(CD)
    ¥350/月(レッツスピーク
    ¥1,580/月(レッツスピーク(CD)
    ¥350/月(ビジネス英会話
    ¥1,580/月(ビジネス英会話(CD)
    難易度全レベル
    評価★★★★★
    お気に入りに保存しておく

    この教材のココはいい! と思ったところ
  • 甘い宣伝文句一切ナシの正統派。
  • 量が豊富。
  • 安い。
  • 6種類ある。
  • 使っている人が多い。

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 解説や練習問題の内容が薄い?

    こんな人にオススメ
  • とりあえず最初に安く英語学習を始めたい人。
  • リスニング力をつけたい人。
  • お金があまりない人。

    教材の解説
    NHKラジオ講座はとても有名な英語、英会話教材です。ラジオ講座というだけあって、ラジオで放送されています。レベルや目的別に6種類の教材があります。格安な値段が魅力の教材です。

    またCDも発売されています。ラジオで放送されている内容がクリアな音質で収録されています。私の経験上CDを買ったほうがずっとはかどります。といいいますか、CD代をケチッて(笑)CDナシでやってみましたが、かなり苦労しました。

    まず我が家はラジオの電波の入り具合が非常に悪く、音質がめちゃめちゃ悪く、当時リスニング中級程度の私は聞き取りに非常に苦労しました。またラジオを毎日録音するのはなかなか大変です。それに録音しても音質が悪いのです。

    CDを使えば、音質もいいですし、録音する必要もありません。今流行のiPodなどのオーディオラジオプレイヤーに簡単に収録できます。

    6種類の教材が発売されています。レベルや目的に合わせて選んでください。

  • 新基礎英語1 CD
    すぐに使える日常会話表現満載。基礎から英語を学びたい方への英語テキスト。
    歌やチャンツ(英語をリズムで覚える学習法)で、初めて英語に接するかたも楽しみながらイントネーションを身につけられます。短い対話を中心に、日常生活ですぐに使える英会話表現のほか、中学校1年生で学習する主な文型・文法を紹介します。

  • 新基礎英語2 CD
    表現力アップを目指す方へ
    会話力は英文構築力!〉伝えたいことを英語にするための文法をていねいに解説。楽しいスキットで効果的に学習できます。英会話を中心に手紙やEメールも取り上げます。慣用表現の使い方や発音のポイントを押さえて表現力アップを目指します。

  • 新基礎英語3 CD
    身近な話題とていねいな解説で、英語の基礎をしっかりマスター!
    基礎的な表現力や文法力を固めたい方、階段を一段ずつ昇っていくように、着実に英語を学びたい方にピッタリの講座です。更に!つまずきやすい「現在完了」や「関係代名詞」も、もう怖くない! 英語の発音とリズムが学べる"Chant It"のコーナーも充実です。

  • リスニング入門 CD
    リスニング力をつけたい方への語学テキスト。
    集中的に英語を繰り返し聞くトレーニングをします。リスニング力をつけたい方に最適な講座です。取り上げる英語はすべてナチュラル・スピード。前期は基礎編(スキット)、後期は応用編(ニュース、ドラマなど)です。

  • レッツスピーク CD
    英語力をさらにアップしたい方のための英語テキスト。
    高等学校卒業程度の英語力のある方が対象。「自分の考え方を英語できちんと伝える」ための会話力が確実に身につきます。月~木曜日はスキットで文法と重要表現を学ぶ、金曜日はその復習。土曜日は表現力をさらにアップする言い回しを紹介します。

  • ビジネス英会話 CD
    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。
    電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。

    ちなみに雑誌専門のホームページ、Fujisan.co.jpで定期購読を申し込むと送料無料で家に届けてくれます。Fujisan.co.jpから定期購読を申し込む場合は↓からどうぞ。

    新基礎英語1 新基礎英語1(CD) 新基礎英語2 新基礎英語2(CD)

    新基礎英語3 新基礎英語3(CD) リスニング入門 リスニング入門(CD)

    レッツスピーク レッツスピーク(CD) ビジネス英会話 ビジネス英会話(CD)

    総合評価
    正確な使用者数は分かりませんが、英語教材では最も人気があるかもしれません。ヒアリングマラソンも100万人以上が使っていますから、なかなかいい勝負ではないでしょうか。

    この教材の魅力は何と言っても安いことでしょう。CDとセットで月に1,910~1,930円しかかかりません。英語学習を始めたいけど、いきなりお金は一杯かけたくない人やお金がない人にはオススメの教材です。

    先ほども書きましたが、CDとセットで買うことをオススメします。ラジオは音質が悪いですし、毎日録音するのはかなり大変です。よっぽどしっかり者の人じゃない限り続けられないと思います。

    安く大量にリスニング練習ができる点が非常に魅力的な教材ですが、解説や練習問題などその他の点は多少ショボイ気もします。まぁこの値段ですからリスニング教材が大量に収録されているだけで十分かもしれませんが。

    内容の面白さ、教材以外のコラムなどの点を考慮するとヒアリングマラソンのほうが優れていますが、この安さは魅力です。総合評価は4.6です。

    より詳しい情報は↓からどうぞ。
    新基礎英語1 新基礎英語1(CD) 新基礎英語2 新基礎英語2(CD)

    新基礎英語3 新基礎英語3(CD) リスニング入門 リスニング入門(CD)

    レッツスピーク レッツスピーク(CD) ビジネス英会話 ビジネス英会話(CD)

  • イングリッシュアドベンチャー 体験談

    イングリッシュアドベンチャーは非常に有名な教材ですので多くの方がご存知でしょう。なんと240万人に支持された教材です。私も実際に使ったことがあります。

    家出のドリッピー(初級)、コインの冒険(初級・中級)、追跡(中級)、ゲームの達人(上級)と4つのシドニー・シェルダン氏の小説の朗読がテキストになっています。

    他の教材と違って声優のネイティヴスピーカーの選定に力を入れていますし、効果音がついているところもいい点です。

    イングリッシュアドベンチャー

    出版社 アカデミー出版
    定価 ¥4,720/月
    難易度 すべての英語学習者に対応
    評価 ★★★★★
    お気に入りに保存しておく

    この教材のココはいい! と思ったところ
  • 量が非常に豊富。
  • プロの声優を起用し、効果音があり聞いていてとても楽しい。
  • シドニー・シェルダン氏の名作小説なので聞いていて楽しい。
  • スクリプト、日本語訳、単語解説、問題集がついている。
  • 10日間無料で試用が可能。
  • 4つのレベルに分かれている。

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 多少暗い話も出てくる。

    こんな人にオススメ
  • リスニング力をつけたい人。
  • 小説が好きな人。

    教材の解説
    イングリッシュアドベンチャーは240万人に支持された伝統の超有名英語教材です。内容としては有名作家シドニー・シェルダン氏の作品の朗読の音声CD(テープ版もあります)です。スクリプト(台本)、日本語訳、単語の解説もちゃんとついています。

    作品は4種類の作品が教材になっています。家出のドリッピー、コインの冒険、追跡、ゲームの達人の4作品があります。レベル別に分かれており、左から順番に、初級、初級・中級、中級、上級用になっています。

    この教材の特徴は声優や効果音に気を使っているところです。通常の教材は効果音なんかありませんし、声優もただ単に棒読みの人が多いのですが、この教材ではオーソン・ウェルズやジェリー・ルイスといったアメリカを代表する俳優、コメディアン、声優などが担当していますし、効果音もハリウッドのプロが担当しているので臨場感たっぷりです。

    イングリッシュアドベンチャーは月刊の教材で申し込むと毎月教材が送られてくる形です。代金も月払いで4,720円(税込)。一つの作品が12ヶ月で完結します。12ヶ月分前払いすると割引になります。

    より詳しい内容は公式サイトをご覧ください。→ イングリッシュアドベンチャー 公式サイト

    総合評価
    私は実際にイングリッシュアドベンチャー を使ったことがあります。

    感想としては非常に臨場感がある教材で吸い込まれる教材だということです。リスニング教材はどうしても内容が退屈なものが多いのですが、この教材は聞いていても飽きません。とにかく続きが楽しみになります。

    私は小説はそんなに好きではないのですが、そんな私でも何の違和感もなく使うことができました。小説が好きな人はもちろん。小説が苦手な人にもオススメできます。

    量が豊富で、スクリプト、単語の解説、問題集がついていますし、とにかく聞いていて面白い。リスニングの教材としては最適だと思います。

    リスニング教材としてはトップクラスの評価を与えられます。評価は文句なしで最高の5.0です。10日以内なら返品ができますのでまずは試してみることをオススメします。

  • リスニング 参考書・教材

    1.マジックトーカーズ
    管理人の厳選必須教材】 管理人が使った中では最高のリスニング教材です。携帯性が高く、スピード調整機能が魅力的です。

    2.ヒアリングマラソン
    管理人の厳選必須教材】 マジックトーカーズと同様に管理人が使ったリスニング教材の中で最高の教材の一つです。

    3.イングリッシュアドベンチャー
    240万人に支持されたシドニー・シェルダン氏の名作教材の朗読教材。アメリカでも有名なプロの声優、ハリウッドのプロが効果音を担当しているので臨場感があります。

    4.NHKラジオ講座
    誰もが知っている教材です。格安さが魅力。

    5.バイオリスニング
    リスニングが苦手な人にオススメの教材です。

    6.マジックリスニング
    かなり変わった教材です。理論はあるある大事典でも紹介されました。

    7.はじめて聞くニュース英語
    リスニング入門用に適している教材。

    8.The NEWS HOUR リスニング
    NHKBSで放送されている、The NEWS HOURを収録した本。

    9.茅ヶ崎方式 月刊英語教本
    時事ニュースの月刊教材。




































    ボキャビルマラソン体験談

    ヒアリングマラソンと同様に、英語教材最大手のアルクの人気教材であるボキャビルマラソンMUST

    英単語帳はいろいろと書店に行けば売っていますが、覚えた単語を使って練習問題ができる単語帳はほとんどありません。しかし ボキャビルマラソンMUSTには豊富に練習問題がついています。

    英単語の覚え方コーナーでも書きましたが、"見たり、聞いたりすれば意味がわかる単語"と"自分からしゃべったり、書いたりできる単語"は別物です。練習問題を行うことにより、後者の単語を増やすことができると思います。

    ボキャビルマラソンMUST

    vocabuil.jpg
    出版社 アルク
    定価 ¥6,615/月( ボキャビルマラソンMUST
    難易度 初心者〜中上級者
    評価 ★★★★☆
    お気に入りに保存しておく

    この教材のココはいい! と思ったところ
  • 信頼できる英語教材最大手の出版社。
  • 例文がしっかりとついている。
  • 様々なタイプの音声が収録されている。
  • 様々な場面が想定されている。
  • 練習問題、テストがついている。
  • 見たり、聞いたりすれば分かるレベルではなく、自分から使えるレベルになる。
  • TOEIC受験料割引、教材割引などの特典アリ

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 値段が高い?
  • 内容はいいし、単語帳よりいいとは思ったが、単語帳より大きく優れているとは感じなかった。

    こんな人にオススメ
  • 練習問題やテストなどを使いながら語彙力をじっくりとつけたい人。
  • 自分から使える語彙を増やしたい人。
  • 定期的にペースメーカー的な教材を求めている人。

    教材の解説
    ボキャビルマラソンMUSTボキャブラリー(語彙)をビルディング(確立する)ための教材です。

    音声、例文、単語の使い方の解説はもちろんのこと、この教材のユニークな点は練習問題とテストがついているところです。テストは必須ではないようですが、毎月あり、出版元のアルクに送れば、採点して送り返してくれます。

    練習問題やテストで実際に自分が覚えた単語を使ってみることで、"見たり、聞いたりすれば分かる単語"から"自分から使える単語"を増やすことができると思います。

    対象レベル:英検3級・TOEIC350点程度

    ちなみに ボキャビルマラソンMUSTを利用すると、TOEIC受験料割引、教材割引などの特典があります。

    より詳しい内容は公式サイトをご覧ください。内容の説明、音声付の体験版まで用意されています。↓

    ボキャビルマラソンMUST

    総合評価
    体験してみて最も優れているのはやはり練習問題とテストだと思います。何回も書いてますが、練習問題がついている単語帳はほとんどなく、そのため単語帳では"見たり、聞いたりすれば分かる"のレベルにとどまってしまうことが多いのです。

    しかし ボキャビルマラソンMUSTは練習問題がしっかりとついており、"自分から使える単語"を身につけることができると思います。

    もちろん音声CD、発音記号、例文、単語の使い方の説明などもしっかりしています。

    このように単語帳より優れていると思うのですが、値段は高めです。そのためその部分を考慮して総合評価は3.6です。

  • 賢い英単語の覚え方 Hungry For Words

    出版社HungryForWords Japan
    著者
    定価無料
    効果◎語彙力
    難易度全レベルの人
    評価★★★★★
    お気に入りに保存しておく
    無料で使えるインターネット英単語学習。
    ビジネス/金融、上級ビジネス、TOEIC、TOEFL、トラベル、米国俗語、IT、ファッション、グルメ 、Geniusと10種類のバージョンがあり、オンラインでもメールでも英単語を無料で覚えられる優れもの。
    音声付き、復習用カードあり、しかも自分の好きなペースで学習できるなどいい点が盛りだくさん。無料なのでまず試してみることをオススメします。








    英単語・英熟語 参考書・教材

    1.7日で500個覚える驚異の方法
    語呂合わせの作り方を掲載したユニークな本です。語呂合わせはなぜか邪道だと思われますが、とても有効な方法です。科学的な裏付けもあるんですよ。

    2.Hungry For Words
    メールで無料で英単語が勉強できる優れもの。

    3.DUO3.0
    管理人の厳選必須教材】 管理人オススメの単語帳。

    4.DUO3.0 基礎用CD
    管理人の厳選必須教材】 DUO3.0のCD。遅いスピードの音声つき。

    5.DUO3.0 復習用CD
    管理人の厳選必須教材】 DUO3.0のCD。ノーマルスピードのみ。

    6.速読速聴・英単語 Basic 2200
    管理人の厳選必須教材】 管理人オススメ単語帳その2。速読速聴の中では一番簡単なバージョン。

    7.速読速聴・英単語 Core 1800
    管理人の厳選必須教材】 速読速聴の中では中間の難易度。

    8.速読速聴・英単語 Advanced 1000
    管理人の厳選必須教材】 速読速聴の一番難しい版。

    9.ボキャビルマラソン
    単語帳より優れている語彙教材。"見たり、聞いたりすれば分かる"単語ではなく"自分からも使えるレベル"の単語が身につく。



































    英会話コエダス体験談

    私オススメの自宅で英会話の勉強ができる教材です。

    ヒアリングマラソンと同様に、英語教材最大手のアルクの人気教材である英会話コエダス

    実際に声に出して1人で英会話を勉強するというユニークな教材です。"英会話を1人で? そんなことできるのか?" 最初、1人で声を出して勉強する教材と聞いたときにそう思いました。しかし体験してみてなかなかいい教材だと感じました。様々な場面が収録されていて、CDの音声に対して自分で声を出して答えるというものなんですが、制限時間とかリピーティングの練習とか様々な工夫がなされています。

    英会話スクールにはかないませんが、英会話スクールが高くて行けない方、近所に英会話スクールがない方にはなかなかいいバーチャル英会話スクール教材ではないでしょうか?

    英会話コエダス

    出版社 アルク
    定価 ¥7,045/月( 通常コース
    ¥6,300/月( アドバンスコース
    ¥5,970/月(コエダスセット
    難易度 初心者〜中上級者
    評価 ★★★★☆
    お気に入りに保存しておく

    この教材のココはいい! と思ったところ
  • 信頼できる英語教材最大手の出版社。
  • 英会話スクールに行くよりはるかに安い。
  • 実際に声に出して学習できる工夫がなされている。
  • 様々な場面が想定されている。
  • レベルが2段階に分かれている。
  • 下手な英会話講師より教えるのがうまい。
  • TOEIC受験料割引、教材割引などの特典アリ

    この教材のココはちょっと… と思ったところ
  • 1人で声に出して勉強するのは変な感じがするという人がいるかもとは思いました。
  • 英会話スクールに行くより安いとは言え、やはり英会話スクールには勝てない?

    こんな人にオススメ
  • 英会話スクールに行けないが、英会話を学習したい方。
  • 瞬時にしゃべれる力をつけたい人。
  • 旅行や留学の前に基本的な英会話力だけはつけておきたい方。

    教材の解説
    英会話コエダスはその名の通り、実際に"声を出して"1人で英会話を勉強する教材です。

    具体的にはCDの音声に対してこちらが言い返すというパターンの教材で、会話は道案内などの多くの典型パターンが収録されています。教材は質問形式が多く、"Could you tell me where the post office is?"というような質問に声を出して答えます。最初は返答内容が指定されています。"次の角を右に回る"というように指定されていますので、"Turn right at the next corner."と声に出して返答します。

    返答するのに制限時間があり、制限時間が終わると、模範解答を教えてくれ、その模範解答を何回もリピーティングしてその表現を覚えます。その後にざまざまな応用パターンが紹介されていますので、それを学習します。

    ちなみにコースは全部で3つあります。

  • 通常コース
    全部で4ヶ月のコース。1ヶ月当たり7,045円。
    対象レベル:英検3級・TOEIC350点程度

  • アドバンスコース
    全部で6ヶ月のコース。1ヶ月当たり6,300円。
    対象レベル:英検2級程度・TOEIC550点程度

  • コエダスセット
    全部で10ヶ月のコース。1ヶ月当たり5,970円。
    通常コースアドバンスコースのセットです。別々に買った場合よりもお得です。

    ちなみに英会話コエダスを利用すると、TOEIC受験料割引、教材割引などの特典があります。

    より詳しい内容は公式サイトをご覧ください。内容の説明、音声付の体験版まで用意されています。プチ体験ツアーはとても参考になります。↓

    通常コース  アドバンスコース  コエダスセット

    総合評価
    体験してみてまず最初に感じたのは英会話スクールそっくりだということ。他の英会話スクールでは違うのかもしれませんが、私がNOVAで受けたレッスンと似ていた気がします。

    英会話スクールの下手な講師よりもずっといい講師な気もします。英会話コーナーでも紹介しましたが、はっきり言って英会話スクールの講師はプロではない人が多いのが実情です。もちろんネイティヴスピーカーですから英語は何の不自由なく話せるのですが、教えるとなると話は別です。あなたが英語のネイティヴに日本語を教えることを想像していただければわかると思いますが、しゃべれることと教えることはまったく別のことなのです。

    とは言っても、やはりこの教材では実際の会話はできません。もちろんこの教材を使えばかなりの英会話表現が身につきますし、反射的に返答する能力もかなりつくと思いますが、英会話スクールには劣ると思います。

    そうは言ってもなかなかいい教材だと思いますし、英会話スクールに高くて行けない方やお近くに英会話スクールがない方にはオススメです。

    ちなみに難易度は2つに分かれていて、 アドバンスコースはTOEIC550点程度とアルク側は言っていますが、私が体験した感じだともう少し上のレベルの教材だという気がします。具体的にはTOEIC600~750あたりの教材でしょうか? あくまで私の感想ですが。

    英会話スクールには劣るので、その部分を考慮して総合評価は4.0です。

  • NOVA体験談

    訪問者の方からよく"オススメの英会話学校はありますか?"という質問をいただくのですが、申し訳ありませんが、私はあまり英会話学校については詳しくありません。しかし、こういうサイトをやっている以上、皆様に出来る限りの情報をお届けしたいと思っています。

    ということで、私が通っていたNOVAについての体験レポートのようなものをお届けしたいと思います。

    NOVAの名前を聞いたことがない人はいないと思います。日本で最大とも言われる超有名英会話学校です。有名な学校の宿命か、賞賛の声もあれば、批判の声も耐えません。

    英会話学校に限ったことではないんですが、予備校や資格学校などの学校はいくら学校側の説明を聞いても残念ながら実態は見えてきません。当然彼らは自分の学校に入ってほしいと思っているわけですから、悪い点については触れませんし、いい点ばかりを説明します。それに"当校では○○などの特典があったり、●●ができるんですよ"などと説明して、その特典を利用するときの実際の制約などを詳しく説明してくれません。

    それにこっちは丸っきりの素人ですから、ある程度訓練されたスタッフに説明されたら、どの学校もいい学校に見えてしまいます。

    そこで一番役に立つ情報というのは、実際にその学校に通った人の体験談でしょう。この私のNOVAの体験記が皆さんの英会話学校選びに多少なりとも役に立てれば幸いです。(あと、ちなみに私はNOVAの回し者ではないので(笑)。ただの一生徒です。)

    まずは、授業の受け方のシステムから。授業は基本的に予約制となっており、毎週、何曜日の何時に受けるという形ではなく、好きな時間を選んで、事前に予約しておき、当日にその時間に来て授業を受けるという形です。なので、忙しい週はまったく授業を受けずに暇な週には1週間に5回受けるなんてことも出来るんです。しかし、必ず希望した時間に予約が取れるわけではありません。その時間が予約で一杯だと受けることができません。学校側のスタッフは予約自由制を主張しますが、実際はけっこう予約で一杯で受けられないことがあります。傾向として、土日全日、平日の夕方から夜にかけてが混んでいます。午前中や昼過ぎはけっこう空いているようです。

    またキャンセルは前日の午後3時まで可能です。それ以降は欠席扱いとなり、レッスンを受けたのと同様に料金がかかります。そのため3日前に予約するより、当日に予約したほうが予約が取れやすかったりもします。ちなみに予約は2週間前からできます。

    レベルは全部で9段階あります。一番下から7C, 7B, 7A, 6, 5, 4, 3, 2, 1となっています。1の人は全国に一人いるとかいないとかだそうで、1になることはほとんど不可能なようです。2もうちの校舎にはいませんし、非常に稀なようです。私はこの原稿を執筆している時点(2002年12月3日)ではレベル3です。

    まず最初に入学の際にレベルチェックテストを受けることになります(お試しレッスンでもレベルチェックは受けられます)。その際に自分のレベルが決定されます。ほとんどの人が7C, 7B, 7A, 6のどれかからスタートするようです。私もスタートは7Aからでした。レベルは上に行けばいくほど、差が激しくなるような気がします。つまり7Bと7Aより5と4のほうが差があるということです。

    レベルアップするには講師からの推薦状が2枚必要になります。基本的には講師が"この人はもう上のレベルに行っても大丈夫だ"と思ったら推薦状を出すのですが、ただしいくら実力があってもある程度のレッスンをこなさないとレベルアップは厳しいようです。(この辺は元NOVAの講師の友人たちに聞いたので、あまり詳しく書くとまずいのですが…)

    また講師によって推薦状を出す基準というのが異なります。ほんとにぜんぜんくれない人もいれば、すぐにくれる人もいます。ただし、あんまり推薦状を出しすぎると、他の講師に睨まれる(笑)ので、推薦状を出しやすい人でもバーゲンセールのように、"持ってけぇ!"というわけにはいかないようです。

    ですから、いくら本人が実力がアップしていても、講師に実力があるところを見せないとレベルアップはできません。ですので、レッスン中は積極的に話すことが重要です。

    また講師はその時間に校舎にスタンバイしている講師の中からランダムで選ばれます。ここは私はけっこう不満なところなんです。講師によってぜんぜんやる気、教え方のうまさ、話をしていて楽しめるかが違いますからね。ただ、指名制にすると人気のない講師ばかり残るだろうからしかたない部分もあるのかもしれません。ただ、生徒と講師が犬猿の仲になるとその人には当たらなくなるという話も聞いたことがあります(この辺はよくわかりませんが)。まぁでもいろんな人と話していろんな文化に親しめるというのはそれはそれでいいものです。

    また、採用されている講師はすべて大学を卒業しています。ただし、ほとんどの人が英語を教えたことがない人ばかりですし、講師になるための研修もあまりしっかりしていない(これも言っちゃまずいかも…)ので、ネイティヴスピーカーで英語は話せても講師としての技術には疑問符がつく講師も少なくありません。ただし、レベル5か6ぐらいまではほんとに基礎ですから講師の腕はそれほど関係ない気がします。ここら辺のレベルでは講師としての腕よりも話がうまいかどうかのほうが問題な気がします。

    また残念なことに、講師たちは校舎の外で生徒と仲良くすることが禁止されています。以前はいろいろパーティーとかやっていたそうなのですが、講師と生徒が仲良くなると個人契約を結んで英語を教えてもらい、NOVAをやめてしまう人がいたためこのような制度ができてしまいました。

    まぁ私の場合はほんとに仲がよい講師とは友人になっちゃって一緒に遊びに行ったり、その人のうちに遊びに行ったりもしましたけどね(彼らがNOVAを辞めてからはごく普通に付き合ってますけど)。ただし、このようなルールがあるということは覚えておいてください。スタッフの前で"今度一緒にどこか行こう"は禁句です。講師たちもNOVAで飯を食べているわけですから、よっぽど仲がよくならないと校舎外で遊ぼうとは言ってこないでしょう。こっちから誘いたい気持ちはわかりますが、向こうから一度誘ってこない限りは止めておいたほうがいいと思います。

    レッスンは基本的には講師1人に対して、同じレベルの生徒が3人という構成で行われます。ただし、小さい校舎だと違うレベルの人とレッスンしたり、大きい校舎だと生徒が4人だったりします。ただし、同じレベルの生徒が3人集まらなかった場合は、2人ないしは1人でのレッスンになります。最初からマンツーマンで予約することもできますが、料金が3倍かかりますので、オススメできません。

    また授業時間は40分。ただし昼ごろの空いている時間だと45分授業になりますのでちょっぴりお得です。また営業時間は基本的に10時から21時(日曜は19時まで)。ただし営業時間は校舎によって異なりますので、ご自分でご確認ください。

    NOVAは全国に約400校舎あります。当然、校舎により規模が異なり、講師が数え切れないほどいるマンモススクールから、講師が2人ぐらいしかいない寂しい校舎もあります。基本的には生徒は一つの校舎に所属しており、その校舎以外で授業を受けることはできません。ですので校舎選びは慎重に行ってください。途中で転校もできますが、"転校手続きは面倒だった"と転校してきた生徒の方から聞いておりますので、やはり最初の校舎選びは重要です。

    なぜ校舎選びが重要かと言うと校舎により、予約の取れやすさ、1レッスンあたりの人数が異なるからです。オススメなのは大きすぎず、小さすぎずの校舎です。大きすぎるといつもレッスンは3,4人だし、講師の数が多すぎていつも初対面という感じになります。逆に校舎が小さすぎるとレベル5までの授業しかなかったり、予約が取りづらかったり、講師がいつも同じ人だったりします。

    最後に料金についてですが、NOVAは独自のシステムを採用していて、最初に回数券を買うことになります。料金は100回でいくら、150回でいくらと最初にまとめ払いになります。当然、一回に多くの回を買うほど一回あたりの料金は安くなります。ほとんどの場合、回数券は有効期限が3年です。基本的に一度買ってしまったポイントは戻りませんので、買うポイント数は慎重に検討してください。料金は一回あたり1300~2500円ぐらい(こんなに違うんです)です。

    まぁ大体はこんなところです。スピーキングの練習にはネイティヴスピーカーとの会話が一番の練習になりますし、違う文化の人と会話するのは楽しく、英語学習のモチベーションになります。なので英会話の基礎能力を身に着けるには有効な手段だと思います。しかし、上級レベルになってからのレッスンにはあまり魅力を感じません。彼らのほとんどが英語を話せるネイティヴスピーカーだが、英語を教える教師ではないからです。

    またNOVAにはVOICEという制度があります。VOICEは通常のレッスンと違い、レベル別などはなく、自由に英会話を楽しむ制度です。各校舎にVOICEルームというものが設けられており、予約なしで飛び入り可能です。中には講師が一人と何人かの生徒がいます。ただしVOICEを利用するには通常のレッスンとは別にVOICEの回数券が必要になります。VOICEの回数券も通常のレッスン同様、まとめて大量に買うほど安くなり、だいたい1700円ぐらいです。ただしVOICEの場合は、通常のレッスンと違い、一回VOICEルームに入ったら、好きなだけそこにいられます。つまり5時間いても、20分いても料金は同じなのです。

    またVOICEでは自分の校舎だけでなくどの校舎にも行くことができます。しかもレベルは関係ありません。そのためレベルの低い方には知らない人ばかりの上にレベルが上の人と会話するわけですから、ちょっとつらいかもしれません。たまに変な人もいますしね。混んでる校舎だと20人もいたりしますので。(空いている校舎だと1人だったりしますけど)

    通常のレッスンは利用せずにVOICEのみ利用することも可能ですが、しかしVOICEはあくまでオプションと考えられているらしく、VOICEのみの利用には特別料金がかかるそうです。

    まぁ以上が、私の体験レポートです。他のスクールがどのようなものか知りませんので、比較は出来ませんが、参考になったら幸いです。

    さらに詳しい英会話上達法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    英会話スクールに行く前に

    英会話スクールに行くだけでは英会話はできるようになりません。

    いきなり"どーん"と書いてしまいましたが、本当に行くだけでは話せるようにはなりません。

    英会話スクールに行って失敗する人の多くは"英会話スクールに行くだけでOK"と思っている人か、そうは思ってないけど他には勉強していない人だと思います。もちろん仕事が忙しくて時間がない人もいるとは思いますが。

    これはNOVAで友人になった講師数人の集約意見なので間違えないと思います。

    学校によりますが、英会話スクールでのレッスンは1週間にせいぜい2時間です。2時間は多いほうで、週に1回で40分か50分というものが多いのが実情です。

    となると英会話スクール以外で何らかの形で英語に触れないと、1週間のうちほとんどを日本語ですごすことになるわけです。子供のころから日本語をやってきて日本語を習得するのにかかった時間を考えればいかに1週間に2時間が少ないかが分かっていただけると思います。

    ですから、英会話スクールに行き始めたあとでも自宅でも何かしらの形で英語を学習する必要があるのです。勉強法は自宅でもできる英会話勉強で紹介した勉強法を参考にしてください。


    また英会話スクールの講師に頼り過ぎないことも重要です。英会話スクールの講師の質はスクールによって違いますが、あんまり多くを期待できないというのが実情です。英会話コエダスのほうがいい講師だと思うことがあるぐらいです。

    レベルが低いうちはそれほど講師の質には影響されませんが、上のレベルに行けば行くほど講師の質が重要になってきます。

    ではなぜ講師に多くを期待できないのか? というとほとんどの講師がネイティヴスピーカーだからです。

    "ネイティヴだから? それはいいポイントじゃないのかい?"と思われるかもしれません。

    もちろんネイティヴだからこその利点もあるのですが、ネイティヴだからこその不利な点も多くあるのです。簡単に言えば、あなたが外国人に日本語を教えることをイメージしてみれば分かると思います。

    外国人が明らかに変な日本語を言えば、"それは間違っている"と教えることもできますし、"そういうときはこう言うんだよ"と教えてあげることは容易でしょう。

    しかし"なぜ間違っているのか"を論理的に説明できるでしょうか? ましてや文法の質問をされたときにしっかりと説明できるでしょうか? ほとんどの方ができないと思います。

    "ドコモは電波がやってくる範囲が限定的な感じですね。ですから、エイユーのほうがいい方向に向いている所だとあなたには思うんですよ。"

    自分の友人の中国人はいつもこんな感じでいつも話します。言いたいことは分かりますけど、日本人は絶対にこんな言い方はしません。

    日本人なら誰でも"変な日本語だ"というのも分かりますし、"自分だったこう言う"っていうのは分かるのですが、"なぜここが間違っているのか"を説明できませんし、ましてや"どれが助詞だとか、動詞の活用がどうのこうの"なんて説明できる人はほとんどいませんよね。

    英会話スクールのネイティヴ講師にも同じことが言えるのです。

    入門、初級レベルでは簡単な会話ばかりですから、詳細な説明は必要ありませんが、中級以上になりますと、"間違ってるよ。ここはこう言うんだ"だけでは応用が利きませんから、なかなか上達しません。

    ですから文法なんかは自分で勉強しないとダメなわけです。

    形容詞と関係代名詞の違いを知らない講師も一杯見てきましたし、主語とか目的語がなんだかよく分かっていない講師も見てきましたからね。

    さらに詳しい英会話上達法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    発音はどこまでよくすればいいのか?

    発音は英語学習者の方なら誰でも気になるものだと思います。なぜか知らないですけど、ネイティヴの話す英語はかっこよく聞こえるんですよねぇ(笑)。誰もがそれに近づきたいと思っていることと思います。

    ネイティヴの発音に近づきたいという願望はよくわかります。それに対して努力することも素晴らしいと思います。ただし、その前に世界における英語という言語の立場を考えてみましょう。

    いまや英語はアメリカ人やイギリス人をはじめとする英語を母国語とする人だけが話す言語ではありません。国際会議をはじめとする国際的なイベントでは英語が母国語ではない人も英語を使います。

    もちろん彼らの発音は英語らしい発音になっていますが、それでもやはりなまりがあります。しかし、彼らは堂々となまりのある英語で話します。自分の発音に引け目を感じている様子など微塵も感じさせません。国連の事務総長のコフィ・アナンも英語のネイティヴではありませんが実に堂々と話します。

    ところが英会話学校などに行くと自分の発音を気にしすぎるあまり、英語が出てこなかったり、スピードが落ちてしまったりという人が多く見受けられます。

    かく言う私もその一人でした。これは非常にもったいないことです。英語を話す力があるのに発音を気にしすぎるあまり、実力を発揮できなかったり、自信をなくしたりしてしまいます。

    そのような状態になるなら、英語を母国語としない外国人のようになまりがあっても自信を持って、"俺は日本人なんだからなまりがあっても理解してくれよ"ぐらいの気持ちではきはきと話したほうが聞いている方もしゃべっている方も気持ちがいいものです。

    英語はコミュニケーションの道具なんですから、要するに自分の言いたいことが伝わればいいわけです。きれいな発音をアピールするためのものではありません。

    もちろん、音読や同時音読をしているときは発音をよくする目的でネイティヴの発音に近づけようと練習するのはいいことだと思いますし、必要なことでしょう。

    でも、実際に人と話しているときは発音を気にすることはマイナスにしか働かないと思います。練習のときに発音に気をつけていれば人と話すときにも無理なくいい発音で話せるようになります。

    さらに詳しい英会話上達法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    自宅でもできる英会話勉強

    英会話というと"英会話スクールに行って勉強するもの"と考えている方が多いのですが、実は自宅でも英会話は勉強できるのです。

    まず最初に考えられるのは語彙、リスニング、英文法の勉強です。3本柱は語彙・リスニング・英文法で紹介したように、英会話は語彙、リスニング、英文法ができて初めてできるようになることです。当然ですが、この3つは自宅でもできる勉強ですよね。

    次に考えられるのが音読です。音読というと誰もが経験したことがあるはずです。紙に書いてあることを声を出して読むことです。

    一見すると英会話の勉強ではなくリーディングの勉強のように見えますが、口の筋肉を鍛えるなどのいい英会話の訓練になるのです。"口の筋肉? 何のことだ?"と思う方もいると思いますが、普段英語をしゃべらない日本人が10分も英語をしゃべると口に妙な違和感が出てくるはずです。

    というのは英語をしゃべるときに使う筋肉と日本語をしゃべるときに使う筋肉は違うからです。口が疲れない人はすでに英語をしゃべる訓練をした人か、ちゃんとした発音でしゃべっていないかのどちらかです。

    音読はその英語の筋肉を鍛えるには最適なのです。

    では音読さえやれば十分かというとそうではありません。というのは音読では自分のペースでしゃべるからです。自分のペースですので、どうしてもネイティヴのスピードよりゆっくりになりますし、どうしても日本人っぽいというか癖のあるしゃべり方になってしまうのです。

    音読を十分に積んだ人は次のステップ、同時音読に移るべきです。同時音読ではスクリプトつきの音声教材を用意します。リスニング教材の選び方で紹介したヒアリングマラソンなどが最適でしょう。

    音声を流しながら、それにあわせて音読するのです。同時音読は音読は音読なのですが、音声のネイティヴに合わせてしゃべらなければならないため、強制的にネイティヴのスピードについていくことになります。そのためリズムやイントネーション、スピードが実際のネイティヴに近いものになっていくのです。

    そのほかに自宅でやる英会話勉強としてオススメなのが、バーチャル英会話です。最近はNOVAのお茶の間英会話などで普及してきていますよね。

    私がオススメするのは英語教材最大手のアルクが発売している英会話コエダスです。これは自宅にいながらまるで英会話スクールにいるような気分になれる教材です。

    CDの音声のネイティヴが言った質問に対して、自分でちゃんとしゃべって返答するというものです。返答までの制限時間もありますので、まるで英会話スクールのようです。その後に返答の模範解答とその応用例が示され、その練習をするというスタイルの教材です。

    英会話スクールに行く前にでも紹介いたしますが、英会話スクールの講師は必ずしも教えるのがうまい人ばかりとは限りません。英会話コエダスのほうがずっと上手だと感じることもあるぐらいです。値段も考えると英会話スクールに行く時間がない人や近くに英会話スクールがない方にはオススメです。

    このように自宅でも英会話は勉強できるのです。いきなり英会話スクールに行くのもいいですが、自宅である程度力をつけてから行くのもいいのではないかと思います。

    さらに詳しい英会話上達法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    英会話上達法

    1.自宅でもできる英会話勉強
    英会話の勉強は英会話スクールに行かずとも、自宅でもできるんです。

    2.発音はどこまでよくすればいいのか?
    誰もが悩む発音。発音はどこまでよくすればいいものなのでしょうか?

    3.英会話スクールに行く前に
    英会話スクールに頼りきりになると危険です。

    4.NOVA体験談
    私が通っていたNOVAに関する体験談。




































    読解問題の解き方

    返り読みを矯正する方法で返り読みをやめる方法を紹介しました。

    しかしTOEICや英検では読めただけではいい点が取れるとは限りません。問題を解けなければ意味がないからです。ここでは読解問題の解き方のコツを紹介いたします。

    TOEICや英検などの英語資格試験全般に言えることなんですが、読解問題のほとんどが内容一致問題で出来ています。内容一致問題とは文字の通り"選択肢の中から本文の内容に一致するものを選ぶ"問題です。

    ということは、当然ながら正解の選択肢の内容が本文に書かれてなければなりません。書かれていなかったら、解けっこないですからね。

    しかし、文中のある部分をそのまま抜き出したのでは、小学生でも簡単に解けてしまいます。そこで出題者は選択肢を"内容は文中の内容と同じ"なのだが"一見見たところまったく別の文"に見せなければなりません。現実に内容一致問題のほとんどがこのパターンで作られています。

    ここで出題者が良く使うパターンをいくつか紹介しておきます。わかりやすくするために簡単な英文を書いておきますが、実際の試験ではもっと難しいしいです。

    1、単語・熟語の入れ替え

    文字通り単語・熟語を同意表現を使って入れ替えます。これが一番簡単なパターン。

    例1:He has no idea.→He doesn't know.

    例2:She would like to have lunch.→She wants to have lunch.

    2、態の変換

    受動態と能動態を書き換えるパターン。これも比較的簡単。

    例:Mrs. Sasaki killed Mr. Yoshimura.→Mr. Yoshimura was killed by Mrs. Sasaki.

    3、複数の文を1文にする

    これはけっこう見破りづらいですが、よく使われるパターン。

    例:Monica got promoted. Her mother is very proud of it.→Monica's mother is very proud of her daughter's promotion.

    4、名詞構文

    これもかなり多いパターンだと思います。かなり見破りづらいパターン。

    例1:Because he is old, he cannot take a walk everyday.→His age makes him unable to take a walk everyday.

    例2:He totally forgot where his friend's house was.→He totally forgot the location of his friend's house was.

    他にもパターンはありますし、大体の場合いくつかのパターンが組み合わさって出題されるし、単語・熟語レベルももっと高いのでこれに対応していかなくてはなりません。

    今この4つの例を読んでいてわかったと思いますが、語彙力、文法力がないといくら本文の内容を理解できても解けませんよね? 実はリーディングで点を取るためには英文を読む力のほかにも、このように正解の選択肢を選ぶために(語彙問題、文法問題を解くためだけではなくて)語彙力、文法力が必要なのです。

    ですから、もしあなたのリーディングセクションがの点が悪いとしたら、必ずしも読む力がないというわけではありません。正解の選択肢を選ぶ語彙力、文法力が欠けているという可能性もあるのです。







































    返り読みを矯正する方法

    返り読みはやめようで返り読みの欠点を書きました。ここでは返り読みの矯正方法を紹介いたします。

    これは私が高校3年生のときに予備校の先生が教えてくれた読み方です。すでに返り読みである程度のスピードで読める人には抵抗があるそうで、皮肉なことに学校で一生懸命勉強した人ほど返り読みを直すのに苦労していました。

    私は幸い、学校であまり勉強してなかったので、すぐに返り読みを脱出でき、スピードが一気に上がりました。

    またちゃんと英文を読むには英文法を強化し、文の構造などの知識を身につけることが必要です。

    言うまでもなく英語は日本語と語順が全然違います。そのため返り読みという現象が起きてしまうのですが。そこで、語順が違っても読めるように慣れる必要があります。

    基本的には"何をだ?"とか"いつだ?"と次に来る物を待ち受けるような形で読むと読みやすいです。

    ではまずは簡単な例文で見てみましょう。

    Mike said that he would arrive at this hotel by six.

    Mike said"マイクは言った" すると次に何を言ったかが来るはずですよね。そこで"何を言ったんだ~?"と思ってるわけです。

    するとここでthatと来るので、"これは発言の内容の節が始まるthat節だろう"と思うわけです。

    するとhe would arrive"彼は到着するだろう"とくるので、"やっぱり内容の節のthat節だ"と思うわけです。そこで、"どこに到着するんだ~?"と思うわけです。

    するとat this hotel"このホテルに"とくるので、"なるほど、このホテルに到着するだろうって言ったのね"と思う。"でもいつまでにつくって言ってたんだろう?"と思うわけです。

    すると、by six."6時までに"となり。"なるほど、6時までにはこのホテルに到着するだろうって言ってたんだ"となるわけです。

    このように、常に欠けている情報を読み込んでいくのが英語なのです。日本語は逆に必要な情報をガンガン言った後に動詞で締めます。この差に慣れるまではけっこう時間がかかるでしょうが、慣れれば、"次は何が来る"とか意識しなくても、すらすらーと読めるようになり、返り読みの3倍以上のスピードで読めますからね。

    最終的には日本語を介さずに読めるようになればリーディングはほぼ完璧と言っていいでしょう。具体的にはhe saidは"彼は言った"という日本語ではhe saidという英語として理解するということです。

    それには普段から英単語を覚えるときに、日本語訳を覚えるのではなく、イメージで覚えるということが重要になります。単語を見た瞬間に出てくるべきなのは日本語訳ではなくその単語に対するイメージです。

    日本語を介すると時間がかかりますし、正しい解釈ができない場合もあります。英語の中にはどうしても日本語にできない単語や表現というのがあるのです。そのためにカタカナ語ができるわけです。

    例えば、イメージは元々は日本語ではありません。しかし日本語でぴったりくる単語がないためにカタカナのままになっているのです。

    イメージはカタカナ語になって定着しましたが、カタカナ語になってはいないが、日本語でぴったりくる単語がないという単語は多く存在します。そのような単語を正しく解釈するためにも最終的には英語でダイレクトに理解できるようにすることを目指しましょう。

    返り読みはやめよう

    3本柱は語彙・リスニング・英文法でも紹介したように、リーディングは語彙と英文法の応用能力です。まずはこの2つを鍛えることから始めるべきです。

    とは言ってもこの2つができていればリーディングは完璧か? といわれるとそんなことはありません。ある程度の能力はついていますが、完璧ではなく、リーディングの勉強が必要です。

    日本の英語教育ではリーディングに大きく重点が置かれており、ネイティヴの友人に聞いても日本人はリーディング力が高いと言います。

    しかし、日本のリーディング教育には大きな欠点があるのです。しかも皮肉なことにまじめに勉強した人ほど悪い癖がついてしまっているんです。

    日本方式の読み方では限界があります。やはり理想はネイティヴが読む方法です。いきなりそのレベルに行くのは無理ですが、少しずつでも近づいて行きましょう。

    日本の学校ではリーディングに多くの時間を割いているため、ほとんどの人がそれなりの文なら読めるようになります。

    ただし、この方法には大きな欠陥があります。それは"返り読み"です。

    では下の文を読んでみてください。

    Joey said that Terry should go to the hospital in order to see Julie, who got injured two weeks ago.

    さて、どのように読みましたか? 学校で習ったリーディングの方法で読んでいる人は

    "ジョーイは…、言った、えーと、テリーは行くべきだ。病院に。テリーは病院に行くべきだか。で、えーとジュリーと会うためにか。この場合はお見舞いだな。テリーはジュリーのお見舞いに病院に行くべきだ。だな。えーと、whoか、これは関係代名詞だな。怪我をした。2週間前に。先行詞はジュリーかな。えーと、まとめるとテリーは2週間前に怪我をしたジュリーのお見舞いに病院に行くべきだ。だな。おっと、主語はジョーイだったな、ジョーイは言ったか。つまりジョーイはテリーは2週間前に怪我をしたジュリーのお見舞いに病院に行くべきだと言った。だな。"

    ここまで一字一句声には出さないでしょうけど、頭の中でこのように考えて読んでいると思います。これが返り読みです。

    このように日本語の語順にこだわり、saidやgoなどの動詞にまた返ってきたり、先行詞を確認するために返ってきたりとするので返り読みと呼ばれています。何回も同じ文を読むことになるため非常に時間がかかります。

    返り読みは文法の知識があまり必要せず、文の構造や単語の使い方などの語法を知らなくてもできるため、単語の意味を調べて時間をかければ誰でも読めるというメリットがありますが時間がかかりすぎます。しかしいろいろと文法の知識や文の構造などを教えなくていいため学校ではこの方法が好まれるようです。

    しかしながら、この方法では本来の読み方に比べて最低でも3倍の時間がかかると思われます。TOEICやTOEFL、英検も級が上になってくると返り読みではとてもじゃないですけど時間内に英文を読み終わることはできません。また自分で何か英文を読んだり、英文を使って勉強するときも時間がかかり非効率ですし、ものすごく疲れます。

    ここは大変ですけど、返り読みを直して、ネイティヴが読んでいる方法に少しずつでいいので近づいて行きましょう。





















    英語リーディング勉強法

    1.返り読みはやめよう
    日本人はリーディングが比較的得意ですが、返り読みというやっかいな癖をかかえています。

    2.返り読みを矯正する方法
    返り読みを矯正する具体的な方法を紹介いたします。

    3.読解問題の解き方
    読解問題を解くにはちょっとしたコツがあります。



























    英文法書を選ぶのは難しい

    苦手解消のカギは英文法で英文法を理解することの大切さを書きました。

    ではよい英文法書はどうやって選べばいいのでしょうか? それが困ったことに世の中にはあまりいい英文法書がありません。

    しかも英文法書ほど選ぶのが難しい英語教材はありません。初心者から見ると一見いい英文法書でも実は全然役に立たないものだったりします。

    ほとんどの英文法書は以下の2つに分けることができます。

    1、やたらとマニアックで分かりづらいもの
    2、暗記に頼ったもの

    2の暗記に頼ったものがダメな英文法書であることは苦手解消のカギは英文法を読んだ方ならお分かりいただけると思います。

    1のやたらとマニアックで分かりづらいものもいい英文法書とはいえません。これらの英文法書は理解を重視している点はいいのですが、どうでもいい例外的なことばかり書いてあったり、初心者には分からないことばかりだったりします。

    ということはよい英文法書は説明がマニアックではなく分かりやすく、しかも暗記に頼っていないものということになります。

    私はいろいろな文法書を見てきましたが、私が見てきた中でオススメできるのは総合英語 Forestです。

    この本を1冊仕上げれば英文法はこれ以上必要ないでしょう。少しずつでいいので理解していきましょう。




























    苦手解消のカギは英文法

    英語が苦手な人の原因は大抵の場合、英文法にあると私は思っています。語彙で悩んでいる人も多いと思いますが、英文法のほうが難しいと思います。

    というのは英文法は必ずしも努力すればできるようになるものではないからです。

    語彙とリスニングにも効率的な勉強法と非効率的な勉強法はあります。しかしどんなに非効率な勉強法でも時間をかけ、努力すれば語彙やリスニングは向上します。

    というのは語彙とリスニングの勉強は機械的な訓練です。機械的な作業の繰り返しなので、"どのような勉強法でやるか"という点は頭を使う必要がありますが、それ以外は特に頭を使う必要はありません。

    しかし英文法はその正反対で、頭を使って物事を理解していかなければなりません。"理解する"ということは機械的な作業ではありません。時間をかけたからと言って、努力をしたからと言ってできるようになるものではありません。

    そのため、学校では英文法は誰でもできる機械的な作業として教える傾向があります。皆さんも経験があると思いますが、問題のパターンを暗記していくのです。

    例えば、"関係詞の問題で先行詞が場所ならwhere"というパターン暗記です。さらに例外パターンにも対応できるように"先行詞が場所でも後ろにvisitがあればwhichかthat"というようにどんどん覚えるものが増えていきます。

    しかしこのパターン暗記は英文法の本質ではありません。学校での英文法というと問題を解くのがほとんどです。しかし英会話やリスニング、リーディングといった実際の英語の場面では問題を解いたりはしません。

    これからは"問題を解くため"ではなく、"書いてあることを理解する"、"相手に言いたいことを伝える"、"相手の言っていることを理解する"ために勉強することになります。

    ですからいくら英文法の問題が解けても意味がないわけです。逆に言えば、問題が解けなくても自分がちゃんと使えるように理解していればいいのです。


    英語苦手解消のカギは英文法が握っています。私は高校2年生の冬ごろまで名詞、形容詞、副詞が何なのかも全然知りませんでした。しかし英文法が分かるようになってきてからは一気に英語苦手が解消されました。

    キーは"理解すること"です。"この問題はこのパターン"ということに注目するのではなく、"なぜこの問題の答えはこれになるのか"に注目してください。

















    英文法は重要です

    「日本人は英語ができない。」 これはよく言われることです。そのため学校教育にはいろいろな批判があります。"リスニングをやらない"、"暗記一辺倒"、"会話をやらない"などがありますが、最もよく聞く批判が、

    "英文法ばかりやっている"

    ではないでしょうか?

    私もその通りだと思います。しかし残念なことに、この批判は世間にはゆがめられて解釈されているようです。そのため"英文法は重要ではない"、酷いものになると"英文法は必要ない"なんて言われることもあります。

    確かに日本の学校での英語教育は英文法偏重であるというのは事実だと思うのですが、英文法は重要なものです。 3本柱は語彙・リスニング・英文法で紹介したように英文法は英語の基礎3本柱のうちの一つです。

    英文法ができなければ、いくら単語を知っていても読んだ文を理解することができません。例えば、

    When he was driving his new car, which he recently bought at the car dealer where his friend is working, he noticed that a car, which looked like a cop car, was just behind him. That really scared him, since he had just got a ticket two days before.

    という文があります。使われている単語はすべて簡単なものです。しかしこれを瞬時に理解できたでしょうか? できた人もいるでしょうが、できてなかった人も少なからずいるはずです。

    知っている単語ばかりなのに瞬時に理解できないのは英文法力が不足しているからなのです。単語の順番やコンビネーションによりどのような意味になるのかを理解する能力、それが英文法です。

    英文法はリスニングにも影響します。聞き取れたとしても、聞き取った単語をすべて知っていたとしても英文法が分かっていないと理解できません。

    スピーキングにも同様のことが言えます。ちゃんとした文で言わなければ使っている単語があっていたとしても、しっかりと発音したとしても相手に理解してもらえません。

    もちろん英文法ばかりに重点を置く学校教育は問題です。しかし英文法は重要な要素なのです。この点だけは誤解しないようにしてください。























    英文法勉強法

    1.英文法は重要です
    日本人の英語力が低い原因として指摘される英文法。本当に英文法は必要ないの?

    2.苦手解消のカギは英文法
    英語が苦手な人の原因は英文法にアリ! 私もそうでした。

    3.英文法書を選ぶのは難しい
    英文法書ほど選ぶのが難しい英語教材はありません。

























    スカパー(スカイパーフェクTV)を格安で見る方法

    スカパー(スカイパーフェクTV)は野球、サッカー、F1などのモータースポーツ、ゴルフ、格闘技、スポーツ、映画、韓国ドラマ、海外ドラマ、音楽番組、競馬、パチンコ・パチスロ、アニメ、釣り、サーフィン、ニュース、アダルト、ドキュメンタリーまで数百のチャンネルを誇るサテライト放送です。

    日本では"テレビはただで見るもの"という考えが浸透していますが、アメリカでは自分で見たいチャンネルを選んで、有料で見るというのが一般的です。そのためほとんどの家で100チャンネルほどの多くのチャンネルを見ることができます。

    スカパー(スカイパーフェクTV)には野球、サッカー、F1などのモータースポーツ、ゴルフ、格闘技、スポーツ、映画、韓国ドラマ、海外ドラマ、音楽番組、競馬、パチンコ・パチスロ、アニメ、釣り、サーフィン、ニュース、アダルト、ドキュメンタリーまではっきり言って何でもあります。英語チャンネルも一杯ありますので、英語を勉強するのにも最適です。

    でも機具の取り付けとかがめんどくさいのでは? と思いますよね。ハイ、大変です(笑)。

    私は自ら取り付けましたが、けっこう大変でした。マンションのベランダにパラボナアンテナを取り付けるのですが、パーツが一杯あるので、下に落とさないように気をつけなければなりませんでしたし、アンテナの角度調整がものすごく微妙なので、時間がかかりました。(しかも冬だったので、風邪気味に(泣))

    しかし今はスカパー(スカイパーフェクTV)もサービスを拡大しており、今なら取り付けを無料でやってくれます!

    じゃあ料金は? というとこれもかなり安いんです。昔はスカパー(スカイパーフェクTV)を見るにはチューナーとアンテナを買う必要がありました。

    しかし、今は月にたった315円でレンタルができるんです。昔はチューナーとアンテナは2万円ぐらいしましたから、超格安ですよね。

    取り付けるのも無料でやってくれる。チューナーとアンテナはレンタルで格安。そして野球、サッカー、F1などのモータースポーツ、ゴルフ、格闘技、スポーツ、映画、韓国ドラマ、海外ドラマ、音楽番組、競馬、パチンコ・パチスロ、アニメ、釣り、サーフィン、ニュース、アダルト、ドキュメンタリーまで幅広いチャンネルを楽しめるといいことずくめです。

    もちろん有料放送ですので、各チャンネルを見るのに月額視聴料がかかります。例えば、私が愛用している英語セットは4チャンネルのパックで960円(税抜)です。でも1チャンネルあたり240円。そんなに高くはありませんよね。

    取り付けてから最初の2週間はほぼすべてのチャンネルを無料で見ることができますから、その間に見たいチャンネルを決めればOKです。

    これからは多チャンネルの時代です。というか世界的にはもうすでに多チャンネル化しているんですが、日本は遅れてるんですよね。取り付け無料で、格安できるこの時代ですから、スカパー(スカイパーフェクTV)を試してはいかがでしょう? 詳しくは↓の公式サイト(スカイパーフェクTV)をご覧ください。


    スカパーとスカパー110はどう違うの? 

    スカパー110はまだまだ新しいサービスです。将来、テレビがすべてデジタル化され、古いテレビではテレビが見られなくなるという話は聞いたことがあると思います。

    その新しいデジタル対応テレビで見るためのサービス、それがスカパー110です。

    では新しいデジタル対応テレビを持っている人なら誰でもスカパー110を見られるのか? というとそんなことはありません。現に私は新しいデジタル対応テレビを使っていますが、スカパー110は見れません。

    スカパー110を見るにはテレビも新しいものにする必要がありますが、アンテナも新しいものにしなければなりません。マンションの場合、スカパー110のアンテナは一般的には共同で一つのアンテナです(普通のスカパー(スカイパーフェクTV)は個別にベランダにつけるのが一般的です)。その共同アンテナが古いので、私は見られません。

    それに加えて、スカパー110のほうが普通のスカパー(スカイパーフェクTV)よりも見られるチャンネル数が少なくなっています。例えば、私の大好きなNBAの番組はスカパー110では見られません。

    まだ普通のスカパー(スカイパーフェクTV)のほうが一般的ですし、チャンネル数も多いので、今からスカパーを見たい方は普通のスカパー(スカイパーフェクTV)をオススメします。


    スカパー公式サイト





































    DHC完全字幕シリーズ

    出版社 DHC
    著者 本により異なる
    定価 ¥1,200
    効果 ◎リスニング ◎スピーキング ▲語彙力
    △リーディング (映画と同時に使用した場合)
    難易度 すべての人
    評価 ★★★★★
    お気に入りに保存しておく
    名作映画完全セリフ集とほとんど同じような本。名作映画の全セリフとその日本語訳、英単語の解説を完全掲載した本。もし自分の好きな映画の本があったらぜひ購入しておきたい。

    名作映画完全セリフ集

    出版社 スクリーンプレイ出版
    著者 本により異なる
    定価 ¥1,200
    効果 ◎リスニング ◎スピーキング ▲語彙力
    △リーディング (映画と同時に使用した場合)
    難易度 すべての人
    評価 ★★★★★
    お気に入りに保存しておく
    名作映画の全セリフとその日本語訳、英単語の解説を完全掲載した本。もし自分の好きな映画の本があったらぜひ購入しておきたい。ミニコーナーの映画評論や解説もけっこう魅力。ちなみに管理人はミッション・インポッシブルとマトリックスの本を持っています。
    映画や海外ドラマはネイティヴの生の英語が聞けるのでスピーキングの勉強になります。

    MDやテープに海外ドラマやニュースを録音する

    海外ドラマや映画で英語を勉強は楽しいのですが、家で映像を見ながらしか勉強できないのが不便な点です。

    電車などの外出先でも音声だけでも聞けたらいいですよね。

    わざわざDVDプレイヤーを持っていったりするわけにするわけにはいきません。そこでMDやテープに録音することをおすすめします。

    MDコンポ、録音が可能なMDウォークマンや録音ができるラジカセなどを持っている方は簡単にできますので、やってみましょう。

    やり方は簡単です。

    ↓のようなコードを用意して (どちらのコードかはMDプレイヤー、コンポによります。)
     


     



    片方をテレビのイヤフォン差込口に差し込み、もう片方をMDプレイヤーやMDコンポなどに差し込みます。

    後はDVDプレイヤーで、録音したい場面を再生し、MDプレイヤーやMDコンポで外部音声の録音をすればいいだけです。

    テレビの音量があまりに大きすぎると音が割れてしまいますので、何回かテストしてみてちょうどいい音量を見つけたあとに本番録音をしてください。

    また、録音中にコードをいろいろといじると雑音が入りますので注意してください。

    録音できたら、後は外出先でMDウォークマンで聞いてリスニング勉強ができます。フレンズなどのコメディー系だと笑ってしまい、周りから変な目で見られる可能性もありますので、ちょっと注意が必要です(笑)。

    これは別にDVDでなくてもできます。ビデオでも、普通のテレビ番組でも。BSやCNNなどの英語のニュースを録音して外出先で聞くこともできます。

    さらにスクリプトがあると効果的です。海外ドラマやニュースのスクリプトはインターネットで、映画のスクリプトは以下のような本を利用するといいでしょう。

    名作映画完全セリフ集
    DHC完全字幕シリーズ

    両方とも人気映画のスクリプトとその日本語訳が掲載されています。

    リスニング力をさらに高める方法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    iTunesのススメ

    リスニングの勉強をしていると聞き取れなかった部分をすぐに聞きなおしたくなることってよくありますよね。ところがCDやMDを使っているとうまく巻き戻しができないなんてことありません?

    テープだとキュルキュルっと巻き戻せばすぐに聞きなおせます。しかし"あの教材どこに行ったかな"なんてことがしょっちゅうあります。そのため早送りと巻き戻しの繰り返しで、聞きたい部分を見つけるまでにやたらと時間がかかります。

    その両方の問題を解決するものがあります。

    それはiTunesです。

    iTunesはマッキントッシュのアップルが配布しているフリーソフトで、誰でもダウンロードして使うことができます。

    これを使えば、↓のように探したい曲、教材を簡単に見つけることができます。
    itunes.gif



    さらに上の方にバーと◆があるのが見えると思いますが、この◆を引っ張ればすぐに巻き戻しや早送りができるので、すぐに聞きたい場所に移動することができます。

    いろいろディスクの入れ替えをしなくてもいいし、ディスクの保存場所も要らない、すぐに聞きたい曲や教材も見つかる。聞きたい場所に巻き戻し、早送りも簡単にできるんです。

    CDの曲や教材をパソコンに入れるのも1枚あたり大体5分で終わります。一度、曲や教材をパソコンに入れたら後はCDは二度と出す必要はありません。パソコンを起動するだけで、今までパソコンに入れたCDを聞くことができます。

    iTunesのダウンロードはこちらから

    リスニング力をさらに高める方法は・・・

    「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


    次のページ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。