英検1級kaoの英会話学習法(TOEIC/英検/留学)

英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。 英検1級、TOEIC955点を8ヶ月で獲得した管理人が、英語の勉強法、単語の覚え方、お薦め教材などを紹介しています。 ※フォント適正サイズ:中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校英語と決別しよう

日本には"英語を勉強したい"と思っている方は大勢いらっしゃいます。私も当サイトを5年近く(2005年5月現在)運営していますから、そういった方からよくメールをいただきますし、友人にもそういう人は大勢います。

しかしほとんどの人が勉強を始められずにいます。興味はあるのですが、第一歩を踏み出せずにいるのです。

人によってその第一歩を踏み出せない理由は違うと思いますが、多くの人にとって壁となっているのは"中学、高校時代の辛い思い出"ではないでしょうか?

もちろん中学、高校で英語が好きだった方もいると思います。しかし毎週単語テストで暗記ばっかり、英文法の解き方パターンを覚え、教科書の英文をすべて日本語に翻訳。テストでは先生がくれた問題の解き方を暗記、授業中の訳を暗記というのが典型的な日本での学校英語教育であることを考えると嫌いな人、苦手だと思っている人のほうが多いのではないでしょうか?

しかもその苦労が報われたかというと…。もちろん報われた方もいると思いますが、そうではない方のほうが多くいます。そのため日本は先進国の中でも英語力がかなり低い国となってしまっています。TOEFLの国別ランキングでもかなり下のほうに来るのはしょっちゅう新聞やニュースでやっていますので皆さんご存知でしょう。

ということは答えは簡単です。6年間も努力をしてもできるようにならないのだから日本の学校英語教育は効率が悪いのです。

高校を卒業後、大学生や社会人が英語を勉強しようとすると多くの方が学生時代にやった勉強法で勉強します。しかしさっきも述べたように6年間も苦労してあまり成果のなかった勉強法です。あまり上達しませんし、楽しくありません。しかしそれは仕方がないのです。ほとんどの人にとって学校時代の勉強法が唯一知っている勉強法だからです。

しかし唯一知っている勉強法で、それしか頼るものがないとしてもそれが役に立たないことは6年間の経験で分かっているはずです。それならもっと違った勉強法を試してみましょう。

別に瞑想とか催眠とかそういうものは一切ありませんし、毎日何時間も勉強しなければいけないわけではありません。ただちょっとコツをつかめば後は軌道に乗っていくはずです。現に私は1年でTOEIC900を達成できました。

地元の中学校で5段階中2。高校2年の冬ごろまで名詞、形容詞、副詞の区別もつかなかった私でもできたんですから。英語はそれほど難しくはありません。

今、この文章をお読みになり、私の書いている日本語が理解できるレベルであるならば、あなたも必ず英語が話せるようになると断言します。 





スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。