英検1級kaoの英会話学習法(TOEIC/英検/留学)

英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。 英検1級、TOEIC955点を8ヶ月で獲得した管理人が、英語の勉強法、単語の覚え方、お薦め教材などを紹介しています。 ※フォント適正サイズ:中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語テストの罠

"英単語テスト"と聞くと嫌な思い出が蘇ってくる方が多いのではないでしょうか? 私もその1人です。

私の高校では1年生は全員、毎週英単語テストを義務付けられていました。学校が指定したどこの出版社のものとも分からない役に立たない単語帳の中で毎週50~100単語程度の範囲が指定されており、その中から20単語が出題され、その意味を答えるというものでした。

うちのクラス以外はただテストを受けるだけで別に成績がどうであれ関係なかった(せいぜい英語の成績が少し悪くなるぐらい)のですが、私のクラスでは不幸なことになんとも奇妙な罰則がありました。70点以上取らないと切手サイズの紙に単語の書き取りを命じられるのです。しかも担任が英語の教師で、やくざのように怖い教師でしたのでどうしようもありませんでした。

罰則の部分はともかく、皆さんも似たような経験があると思います。単語テストが得意だった人や単語テストでいい点を取ることが多かった人はいても単語テストが好きだった人はあまりいないのではないでしょうか?

ではそれだけ苦労した単語テスト。役に立ったのでしょうか? ほとんどの人の答えがNoでしょう。というのも"単語テストはその日さえ覚えていればいい点が取れてしまう"からです。極端な話、テストが終わった瞬間にすべて忘れてしまってもかまいません。

しかし英語ができるようになるためには1日だけ覚えていてもまったく役に立ちません。英語ができるようになるためには長期にわたって多くの単語を覚えておく必要があります。

テストであるTOEICや英検についても同じことが言えます。確かに試験当日だけ覚えていればいい点は取れるでしょう。しかしあまりに範囲が広すぎます。TOEICや英検でいい点を取ろうすれば、最低でも基本的な単語帳1冊、大体2000語を知っている必要があります。2000語も"その日だけ覚えておく"ことができるでしょうか? 記憶の天才ならできるのかもしれませんが、普通は到底不可能な話です。

単語テストの習慣があるせいか、多くの日本人がどうしてもその日だけ覚えてればいいような勉強の仕方をしてしまいます。しかし本気で英語ができるようになるためには長期で覚えておくための勉強に切り替える必要があります。

ではその日だけではなく長期的に覚えておくにはどうしたらいいか? 有効な英単語の覚え方は無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」でお届けいたします。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。