英検1級kaoの英会話学習法(TOEIC/英検/留学)

英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。 英検1級、TOEIC955点を8ヶ月で獲得した管理人が、英語の勉強法、単語の覚え方、お薦め教材などを紹介しています。 ※フォント適正サイズ:中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法書を選ぶのは難しい

苦手解消のカギは英文法で英文法を理解することの大切さを書きました。

ではよい英文法書はどうやって選べばいいのでしょうか? それが困ったことに世の中にはあまりいい英文法書がありません。

しかも英文法書ほど選ぶのが難しい英語教材はありません。初心者から見ると一見いい英文法書でも実は全然役に立たないものだったりします。

ほとんどの英文法書は以下の2つに分けることができます。

1、やたらとマニアックで分かりづらいもの
2、暗記に頼ったもの

2の暗記に頼ったものがダメな英文法書であることは苦手解消のカギは英文法を読んだ方ならお分かりいただけると思います。

1のやたらとマニアックで分かりづらいものもいい英文法書とはいえません。これらの英文法書は理解を重視している点はいいのですが、どうでもいい例外的なことばかり書いてあったり、初心者には分からないことばかりだったりします。

ということはよい英文法書は説明がマニアックではなく分かりやすく、しかも暗記に頼っていないものということになります。

私はいろいろな文法書を見てきましたが、私が見てきた中でオススメできるのは総合英語 Forestです。

この本を1冊仕上げれば英文法はこれ以上必要ないでしょう。少しずつでいいので理解していきましょう。




























スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。