英検1級kaoの英会話学習法(TOEIC/英検/留学)

英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。 英検1級、TOEIC955点を8ヶ月で獲得した管理人が、英語の勉強法、単語の覚え方、お薦め教材などを紹介しています。 ※フォント適正サイズ:中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅でもできる英会話勉強

英会話というと"英会話スクールに行って勉強するもの"と考えている方が多いのですが、実は自宅でも英会話は勉強できるのです。

まず最初に考えられるのは語彙、リスニング、英文法の勉強です。3本柱は語彙・リスニング・英文法で紹介したように、英会話は語彙、リスニング、英文法ができて初めてできるようになることです。当然ですが、この3つは自宅でもできる勉強ですよね。

次に考えられるのが音読です。音読というと誰もが経験したことがあるはずです。紙に書いてあることを声を出して読むことです。

一見すると英会話の勉強ではなくリーディングの勉強のように見えますが、口の筋肉を鍛えるなどのいい英会話の訓練になるのです。"口の筋肉? 何のことだ?"と思う方もいると思いますが、普段英語をしゃべらない日本人が10分も英語をしゃべると口に妙な違和感が出てくるはずです。

というのは英語をしゃべるときに使う筋肉と日本語をしゃべるときに使う筋肉は違うからです。口が疲れない人はすでに英語をしゃべる訓練をした人か、ちゃんとした発音でしゃべっていないかのどちらかです。

音読はその英語の筋肉を鍛えるには最適なのです。

では音読さえやれば十分かというとそうではありません。というのは音読では自分のペースでしゃべるからです。自分のペースですので、どうしてもネイティヴのスピードよりゆっくりになりますし、どうしても日本人っぽいというか癖のあるしゃべり方になってしまうのです。

音読を十分に積んだ人は次のステップ、同時音読に移るべきです。同時音読ではスクリプトつきの音声教材を用意します。リスニング教材の選び方で紹介したヒアリングマラソンなどが最適でしょう。

音声を流しながら、それにあわせて音読するのです。同時音読は音読は音読なのですが、音声のネイティヴに合わせてしゃべらなければならないため、強制的にネイティヴのスピードについていくことになります。そのためリズムやイントネーション、スピードが実際のネイティヴに近いものになっていくのです。

そのほかに自宅でやる英会話勉強としてオススメなのが、バーチャル英会話です。最近はNOVAのお茶の間英会話などで普及してきていますよね。

私がオススメするのは英語教材最大手のアルクが発売している英会話コエダスです。これは自宅にいながらまるで英会話スクールにいるような気分になれる教材です。

CDの音声のネイティヴが言った質問に対して、自分でちゃんとしゃべって返答するというものです。返答までの制限時間もありますので、まるで英会話スクールのようです。その後に返答の模範解答とその応用例が示され、その練習をするというスタイルの教材です。

英会話スクールに行く前にでも紹介いたしますが、英会話スクールの講師は必ずしも教えるのがうまい人ばかりとは限りません。英会話コエダスのほうがずっと上手だと感じることもあるぐらいです。値段も考えると英会話スクールに行く時間がない人や近くに英会話スクールがない方にはオススメです。

このように自宅でも英会話は勉強できるのです。いきなり英会話スクールに行くのもいいですが、自宅である程度力をつけてから行くのもいいのではないかと思います。

さらに詳しい英会話上達法は・・・

「1年でNOVA最高レベル実証済み! 英会話が上達して、映画・海外ドラマを字幕なしで楽しめるようになる方法(DVDを持っていなくても、レンタルショップに行かなくてもOK)」でお伝えいたします。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。